無縁墓地とは?増加している理由とその対策

無縁墓地

近年、縁故者も後継者もいなくなり放置されてしまっている無縁墓が増加傾向にあり、問題視されています。

無縁墓の増加によって、墓地を運営している寺院や霊園などが負担を抱えるケースもあらわれてきました。

そこで今回は、無縁墓とはどのようなものなのか、なぜ無縁墓が増えているのかについてまとめました。

今あるお墓を無縁墓にしないための方法についても紹介していますので、お墓の管理で困っているという場合は参考にしてみてください。

無縁墓地とは何?

無縁墓とは、後継者や縁故者がいない、または不明となっているお墓のことをいいます。

無縁墓になると、その墓地はやがて荒れてしまい、隣接する墓地の所有者や墓地全体の管理者を困らせてしまうことにもなりかねません。

近年は、無縁墓の増加が各地で問題となっています。無縁墓の場合、お墓の維持や管理に必要な費用を納めることができません。

そのため、無縁墓が増えてしまうと、その墓地の管理者や自治体などにとっては大きな負担となるのです。

この状況を改善できるよう、多くの霊園、墓地の使用規則には、無縁墓の撤去について定めた項目が存在します。

お墓の継承(名義変更)をしないまま長期間放置していたら、撤去されてしまっていたという事態になりかねませんので、お墓の名義人が死亡したり行方不明になったりした際は、早めに名義変更を行うなど、対処することが必要です。

無縁墓地って処分できるの?処分する方法について

継承者がいなくなってしまったら、お墓は撤去される可能性があることがわかりました。

では、継承者のいないお墓を無縁墓にしないためにできることはあるのでしょうか。そのためにできる対策の中から、ふたつ紹介します。

墓じまいをする

無縁墓にしないためにできる対策のひとつとして、「墓じまい」があります。

墓じまいとは、遺骨を別の場所に納め、残ったお墓の撤去をすることをいいます。お墓がなくなれば、当然、無縁墓になるリスクはなくなります。

後継者がいないなどどうしても継承できない場合は墓じまいし、ご遺骨はお近くで供養できる場所に移すのがよいでしょう。

お墓の解体や撤去には費用がかかりますが、これまでお世話になった霊園やお寺に負担をかけないためにも必ず手続きを行いましょう。

永代供養をする

墓じまい以外の対策としては、お墓を建てるにあたって寺院や霊園に永代供養を依頼しておくという方法もあります。

永代供養とは、無縁になったのちのお墓の撤去やご遺骨の供養を、名義人に代わって寺院や霊園に行ってもらうことをいいます。

遺骨をお墓に安置する期間を事前に決め、期間に応じた管理費を事前に支払っておくことで、一定期間お墓を維持することもできます。

事前に定められた期間が過ぎたら、お墓は撤去され、残った遺骨は永代供養墓に合祀、供養されるなどの方法がとられます。

寺院等によってシステムが異なることがありますので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

生前に永代供養にかかる費用を支払っておくことで、継承者がいなくても安心です。

すでに遺骨を安置しているお墓があるという場合でも、継承者がいないため、やむを得ず墓じまいして永代供養する人もいます。

ただ、最近では一般のお墓でも、無縁になった時点で永代合祀墓にて永代供養してくれる霊園も出てきたため、継承者がいないという理由のみで「墓じまい」や「永代供養」を選ぶ必要が本当にあるのかどうかについては一考の余地があります。

最近は無縁墓地が増加している!その理由について

無縁墓の数は近年増え続けており、お墓を管理している寺院や霊園、自治体にとって大きな問題となっています。

なぜ、このような無縁墓は増え続けているのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

少子高齢化

無縁墓が増加している理由のひとつは、少子化によってお墓の継承者や縁故者が少なくなってきたことです。

一昔前であれば、子供の数が多く、助け合うことが可能でした。

しかし、現代では、お墓を継ぐ子供がいなかったり、いても遠方に住んでいたり、結婚によって環境が変わったりなどで、継承が難しい状況が増えています。

ずっと管理してきたけれど、高齢になってお墓まで行くことが難しくなった、という人も多いです。

継承する立場の人がいても、日常的にアクセスできる場所にお墓がないと、管理していた人が亡くなったあとに負担になってしまいます。

そのため、足が徐々に遠のいていき、結果として無縁墓になってしまうのです。

都市部への人口流出

無縁墓が増加している背景には、都市部への人口流出も関係していると考えられています。

進学や就職などを理由に、若い人が都市部へ移ってしまうことが多く、頻繁にお墓を訪れることが難しくなっているのです。

休暇で帰省したからといって、毎回お墓へお参りに行くとも限りません。

親が亡くなってから、帰省ごとに訪れるようになる人もいるかもしれませんが、帰省する機会そのものが少なければ、お墓をこまめに管理することは難しいです。

お墓参りのためだけに帰省するとなれば、毎回の移動にかかる費用や時間も負担となります。

少し前であれば、いずれは生まれ育った場所に戻って、そこで一生を終えるという考えの人がほとんどでした。

しかし、現代では生まれた場所へ戻ることにこだわらず、生涯都市部で過ごす人もいますし、別の地方へ移住する人もいます。

ライフスタイルが多様になった現代では、昔ながらのやり方でお墓を維持していくことが困難なケースもあるのです。

「家族」に対する時代の変化

時代の変化によって、「家族」に対する価値観が変化したことも、無縁墓が増えている要因だと言われています。

以前は、「家は継ぐもの」という考えが強く根付いていたため、お墓もその考えのもとで継承されていました。

しかし、核家族化が進んでいる現代では、家を継ぐことで「家を守る」という意識は薄れつつあります。

ライフスタイルにおいて多様な選択ができるようになったという点では、家を継ぐことや守ることにこだわらないことによるメリットもあるでしょう。

決して、現代のあり方が悪いということではありません。

しかし、その代わりに無縁墓という形でお墓が置き去りにされることが増えてしまいました。

現状のまま維持できないのならば、別の埋葬方法に替えるなど、ご自分やご家族の状況に合わせた供養のあり方について、当事者間で話し合っておくことが大切であるといえます。

まとめ

お墓は、故人の魂が眠る場所とされています。

それまで代々受け継がれてきた先祖の思いや、管理をしてきた家族の思いなども詰まっています。

そのようなお墓が無縁墓となってしまうことは、さびしいことです。それだけでなく、そのお墓がある寺院・霊園の管理者や自治体など、多くの人に負担をかける結果となってしまいます。

ずっと大切にされてきたお墓を無縁墓にしないために、今生きている人ができることはたくさんあります。

将来お墓の管理が難しくなることが予想されるのであれば、自分や親が亡くなる前に、家族で話し合っておきましょう。

無縁墓の知識や、無縁墓にしないためにできることなどを説明するときは、ぜひ本記事の内容も役立ててくださいね。

玉井嘉孝

玉井嘉孝

株式会社加登 統括マネージャー

西浦高校卒業。学生時代から仏教や死生観に興味があり、あらゆる本を読みあさる。卒業後、お墓業界に身を置いて30年。長年現場でお客様のお悩みを解決したのち、現在は株式会社加登の統括マネージャーとして社内研修の講師・社外でのお墓セミナー講師としても活躍中。

カテゴリー:
タグ:
株式会社加登_バナー

関連記事